クレンジング剤の選び方

女性なら誰でも美しい肌になりたいと毎日のスキンケアに力を入れていると思います。

美容液や化粧水などの基礎化粧品選びには気を使っても、クレンジング料はどれでも一緒だと思って適当に選んでいる人も多いのではないでしょうか。しかし、クレンジングというスキンケアステップはもっとも肌に負担がかかるものなので、クレンジング剤選びには注意が必要です。

自分の肌に合ったものを選ぶことも大切ですが、基本はベースメイクの濃さで選ぶべきです。オイルタイプのものは洗浄力が高いので、
濃いメイクもスッキリと落とすことができますが、その分肌に必要な潤いまで取り去ってしまいます。

オイルタイプは濃いメイクをした日だけの使用にとどめ、普段のナチュラルメイクを落とす際には、洗浄力がマイルドなミルクタイプやクリームタイプのものを使用するようにしましょう。
メイクは毎日きちんと落とさなければ肌の負担になってしまいますが、必要以上に洗浄力が強いものでメイクを落とすことも肌に大きな負担をかけてしまいます。

そのため、ベースメイクの濃さによって正しくクレンジング剤を選ぶことが大切です。特に乾燥肌の人は注意が必要です。一般的なクレンジング剤は、使用感はスッキリと快適でも、角質層の潤いを洗い流してしまうので、どんどん乾燥が進んでしまいます。乾燥肌の人がメイクを落とす際には、ミルクタイプやクリームタイプのもので、角質層に影響を与えないような設計の良質なものを選ぶことをおすすめします。
クレンジングゲルの情報です。