肌質によって、おすすめクレンジングは変わります

メイクをする女性にとって、欠かせないアイテムにクレンジングがあります。

メイクをしたら、その日のうちに取り除くことが美肌を保つためのポイントになります。そして、自分の肌にピッタリのクレンジングを選ぶことも重要になってきます。敏感肌にもかかわらず、刺激の強いものを使い続けていたら、肌の乾燥やシワ、たるみに繋がることもあるので注意が必要です。自分におすすめのタイプがどれなのかを見極めるには、クレンジングの特徴を理解する必要があります。ミルクとクリームタイプは肌への刺激が少なく、洗浄力が優しいことが特徴です。油分と界面活性剤のバランスが整っているので、肌の潤いを守りつつメイク汚れを落とすことができます。

リキッドタイプは、メイクを浮かせる効果がある油分が少ないことが特徴です。それをカバーするために、界面活性剤の量が多めになっています。界面活性剤には余分な皮脂を取り除く役目もあるので、皮脂の分泌が多くて困っている人におすすめです。反対に、多くの油分を含んいるのがオイルタイプのクレンジングです。

クレンジングゲルはこちらです。

油分が多いということは、それが肌に残らないようにするために界面活性剤の量も多くなってしまいます。オイルタイプは洗浄力が強いのがメリットですが、そのぶん肌への刺激も強くなります。クレンジング選びは、ベースメイクの濃さを基準に選んでみましょう。化粧下地やファンデーションが薄めの人は、クリームやミルクタイプがおすすめです。濃い目の人は、オイルやリキッドタイプで素早くメイクオフするように心がけてみましょう。